解体の流れ、種類
アスベスト処理
 誰でもわかる「解体」
解体現場編
解体事務所編
 みんなで考えよう
         環境問題




概要
保有免許
加入団体
保有重機
工事履歴
採用情報



お問合せ
プライバシー保護規定



リンク集
サイトマップ
サイト運営規定

 


みんなで考えよう環境問題 > 世界のエネルギー動向 > シェールオイル


世界のシェールオイルの状況

[ も く じ ]

シェールオイルについて
世界のシェールオイルとシェールガスの可能性
米国におけるシェールオイルの状況



 
米国におけるシェールオイルの状況

○米国内のシェールオイルの生産拡大に伴い、2008年以降、米国の原油輸入量は減少傾向。EIAは2013年3月20日、今年、国内の原油生産が1995年以来初めて原油輸入を超えるとの見通しを示した。
(参考)米国のタイトオイルの増産見込み[2012年:200万b/d→2020年:280万b/d]


参考サイト:資源エネルギー庁



○シェールオイルは、軽質油(API度:35〜40程度)であるため、API度が同程度の軽質油であるナイジェリアやアルジェリア産原油の輸入量<BR>は半減。(2008年約123万BD→2012年約53BD)。
※ナイジェリアやアルジェリア産原油は、欧州・インド市場へ流入




参考サイト:資源エネルギー庁



このページのトップへ



温暖化防止のための国民的運動

三和解体工業株式会社
東京都墨田区立花一丁目31番4号
Tel 03-3618-2408 Fax 03-3618-2421
Copyright 2005 Sanwa kaitai kyogyo Co., Ltd. All Right Reserved