解体の流れ、種類
アスベスト処理
 誰でもわかる「解体」
解体現場編
解体事務所編
 みんなで考えよう
         環境問題




概要
保有免許
加入団体
保有重機
工事履歴
採用情報



お問合せ
プライバシー保護規定



リンク集
サイトマップ
サイト運営規定

  


みんなで考えよう環境問題 > 世界のエネルギー動向 > 世界のエネルギー消費量

世界のエネルギー消費量

[ も く じ ]

世界のエネルギー消費量
世界の石油輸入量の国別比率
世界のLNG輸入量の国別比率



 
世界のエネルギー消費量

国際エネルギー機関(IEA)が、2030年のエネルギー消費量の予測を発表しています。
IEAによれば、2008年時点では米国が世界一のエネルギー消費国ですが、2030年には、中国が世界のエネルギー消費の4分の1程度を占め、世界一になります。また、日本、米国、EUの世界全体に占める比率は、2008年の37%から2030年の28%に9ポイント低下すると見込んでいます

(出所)IEA, World Energy Outlook 2010
.


 
世界の石油輸入量の国別比率

石油については、20年前(1985年)と比較して世界の輸入量はおよそ倍増していますが、日本の輸入量は概ね同程度です。このため、日本の世界における石油輸入のシェアは大きく減少しました。
IEAは、今後、中国やインドなど新興国の輸入量が増加し、世界の貿易量はさらに拡大する一方、日本の石油需要は次第に減少し、2020年には日本のシェアがさらに低下すると見通しています。

(出所)BP, STATISTICAL REVIEW OF WORLD ENERGY
.


 
世界のLNG輸入量の国別比率

日本は、1985年当時世界の輸入量の4分の3を占めていましたが、欧州の輸入依存度の高まりや、LNGを利用する国が増えたことによって、現在、日本のシェアは約4割になっています(第121-1-6)。IEAによれば、今後、日本のLNG輸入量は増加する見通しですが、他国の輸入量拡大がそれを上回るため、日本のシェアは低下すると考えられています。


(出所)BP, STATISTICAL REVIEW OF WORLD ENERGY
.





参考サイト:資源エネルギー庁

このページのトップへ



温暖化防止のための国民的運動

三和解体工業株式会社
東京都墨田区立花一丁目31番4号
Tel 03-3618-2408 Fax 03-3618-2421
Copyright 2005 Sanwa kaitai kyogyo Co., Ltd. All Right Reserved