解体の流れ、種類
アスベスト処理
 誰でもわかる「解体」
解体現場編
解体事務所編
 みんなで考えよう
         環境問題




概要
保有免許
加入団体
保有重機
工事履歴
採用情報



お問合せ
プライバシー保護規定



リンク集
サイトマップ
サイト運営規定

 


みんなで考えよう環境問題 > 世界のエネルギー動向 > シェールオイル


世界のシェールオイルの状況

[ も く じ ]

シェールオイルについて
世界のシェールオイルとシェールガスの可能性
米国におけるシェールオイルの状況



 
シェールオイルについて

シェールオイル(英語:shale oil)とは、地下深くのシェール層に埋まっている石油の一種のこと。
頁岩油(けつがんゆ)、シェール油、ライトタイトオイル(英語:light tight oil)とも言われている。

採掘方法は初めてアメリカとカナダで確立され、同じ層に埋まっているシェールガスと共に、オイルシェールを摂氏350 - 550度にし、乾留して得られる。
技術革新により増産が進んでおり、アメリカではシェールオイルを含む原油の増産が2008年の日量約500万バレルから2014年は800万バレルを超え、2014年5月、国際エネルギー機関(IEA)は「拡大する米国のシェールオイル生産によって今後5年の世界の石油需要増加分をほとんど賄うことができる」との予想を発表した。

Wikipediaより引用.

 
世界のシェールオイルとシェールガスの可能性

○EIA(米国エネルギー情報局)が本年6月に公表した試算では、世界のシェールガスの埋蔵量は約7,300兆cf(LNG換算:1,532億トン)で、天然ガスの埋蔵量は約1.5倍に増加。
○世界のシェールオイルの埋蔵量は、約3,450億バレルで、石油の埋蔵量は1.2倍に増加。
[参考]在来型資源の埋蔵量(IEA WEO2012より試算): 天然ガス16,308兆cf(LNG換算:3,425億トン)、石油:約2兆2450億バレル)
○現在、シェールガス・オイルの商業ベースでの生産は北米のみ。


シェールオイルの埋蔵量







シェールガスの埋蔵量

参考サイト:資源エネルギー庁




このページのトップへ



温暖化防止のための国民的運動

三和解体工業株式会社
東京都墨田区立花一丁目31番4号
Tel 03-3618-2408 Fax 03-3618-2421
Copyright 2005 Sanwa kaitai kyogyo Co., Ltd. All Right Reserved