解体の流れ、種類
アスベスト処理
 誰でもわかる「解体」
解体現場編
解体事務所編
 みんなで考えよう
         環境問題




概要
保有免許
加入団体
保有重機
工事履歴
採用情報



お問合せ
プライバシー保護規定



リンク集
サイトマップ
サイト運営規定

  


みんなで考えよう環境問題 > エネルギーの今を知る

エネルギーの今を知る

[ も く じ ]

エネルギー自給率の低下
電力コストの上昇
CO2排出量の増加


2011年の東日本大震災以降、日本は
 @エネルギー自給率の低下
 A電力コストの上昇
 BCO2排出量の増加
などの課題に直面しています。
これらの課題を克服していくために、まずは国民一人一人が、我が国の現状を知り、理解し、エネルギーについて考えることが重要です。

 
エネルギー自給率の低下

もともと、日本は石油や天然ガスなどの資源に乏しい国です。
2014年の日本のエネルギー自給率は6.0%であり、他のOECD諸国と比較しても低い水準となっています。



 
電力コストの上昇

2010年度と比べて、2014年度には家庭向けの電気料金は約25%、産業向けの電気料金は約39%上昇しました。



 
CO2排出量の増加

東日本大震災以降、日本の温室効果ガス排出量は増加し、2013年度には過去最高となりました。
2014年度は5年ぶりに減少したものの、13億6,400万トンもの温室効果ガスを排出しています



図表、データは「資源エネルギー庁サイト」より引用

このページのトップへ



温暖化防止のための国民的運動

三和解体工業株式会社
東京都墨田区立花一丁目31番4号
Tel 03-3618-2408 Fax 03-3618-2421
Copyright 2005 Sanwa kaitai kyogyo Co., Ltd. All Right Reserved